HOME > お仕事コラム > AV業界は性病対策が万全!風俗で働くよりも安心

AVお仕事コラム

AV業界は性病対策が万全!風俗で働くよりも安心

STDと聞いて、直ぐに何の事か直ぐに思い浮かびますか。

上記はSexually Transmitted Diseasesの頭文字で、直訳すると「性的に伝播される病気」となり、性感染症の事を指し、一般的には性病と呼ばれています。

他にもSTI(Sexually Transmitted Infections)やVD(Venereal Diseases)と表記される事があり

近年、性病が若い人を中心に急速に広まっており性病検査を受ける様に促す啓蒙ポスターも増えたので目にする機会が多いのではないでしょうか。

事実、知識が少ない若年層に蔓延する事が多いのが性感染症であり逆に正しい知識さえあれば事前に防ぐことが出来たり感染した場合でも直ぐに治療をして完治・寛解/緩解(かんかい)する事も可能です。

※寛解/緩解とは、症状の原因となる菌・ウィルス・寄生虫などが完全に身体から消える完治とは違いヘルペスやB型肝炎、HIV/AIDS、HPV(ヒトパピローマウィルス)などは薬剤等により一時的または継続的に軽減されている状態の事の事です。

2018年には性感染症の一つである梅毒が10年前の…なんと7倍以上、爆破的増えた事もありニュースにも取り上げられました。

もし自分の体調に異変が起き、日常生活に支障が出たら病院に行く!という方は多いかと思いますが、性病は痛みや痒みなどの症状がないものもあり、症状があっても気が付かない事が多いです。

自覚症状が乏しいため、知らない間にパートナーから伝染されてしまったり、自分が相手に移してしまったりする事もあります。

性病の症状に気付かずそのまま放置してしまう事で、女性であれば不妊の原因となってしまう事がありますので注意が必要です。
性病は特定の相手とだけ性交をしていれば感染しないというわけではありませんが、不特定多数の相手と性交をする事により感染する可能性は飛躍的に上がる病気です。

例え、性器同士の接触がなかったとしても
口を使った前戯などのオーラルセックスでも感染する事があります。

挿入の時にコンドームを使用していたからと言って、完全に予防できるものではないという事を認識しておきましょう。

不特定多数の人と性行為(性器の挿入がないものも含む)をする職業と言えば、性風俗店で働くキャスト(風俗嬢)やアダルトビデオに出演するAV女優があります。

風俗店であれば、検査費用はお店負担で月に一回性病検査を受ける事を義務付けているお店もありますが、お店によっては2~3か月に一回という所もありますし、風俗嬢が自己防衛の為に実費で検査を受けている場合もあるようです。

そして風俗店の場合は、客の方に性病検査の義務はない為、上記の様に性病に感染していても自覚症状がないままお店に遊びにきてしまう可能性もあり

中には性病の自覚症状があるにも関わらず、それを隠してサービスを受けようとする客も実際にいたという事ですので

感染を水際で食い止めるにはプレイ前のキャスト自身が入念にチェックする必要があります。

例え、働いているお店が性病検査を毎月受けさせてくれていたとしても、風俗を利用するお客さんは複数の店舗を利用する事もある為、他の店舗の性病検査状況がずさんであれば意味がありません。

症状が出るまでに潜伏期間がある事も考えると、どれだけ気を付けていても完全に防ぐ事は難しいと言えるでしょう。

感染した客から風俗嬢へ、風俗嬢から他の客へ…というループで拡散スピードが大変早いのも特徴です。


一方、アダルトビデオの撮影現場では業界全体として性行為を行うAV女優は月に一回以上の性病検査が義務付けられており、所属している事務所が検査費用を負担してくれる事がほとんどです(事務所所属時の契約内容による)。

撮影が始まる前に必ず性病検査の結果を提示しなければならず、検査表という結果が表記された物を提示出来ない場合は、例え実際に検査結果に問題がなく、検査表を家に忘れてしまっただけだとしても撮影を行う事が出来ません。

ですから、撮影現場のスケジュールを調整するのと同じくらい検査に行く日程を調整するのも大事なお仕事の内です。

性行為をするのは女優だけではなく男優もですので勿論の事、検査を受けて性病に感染していない事を証明出来なければ撮影に参加をする事が出来ません。男優さんの場合は2週間以内の検査表が必要な場合があり、女優よりも厳重に対策がされているとも言えます。

ちなみに、AV男優はそのほとんどが事務所などに所属しておらずフリーで活動をしている為、検査費用等も全て実費です。
検査で性病と診断されては完治するまで仕事が出来ない為、プライベートでの性行為でも注意している人が多いです。

以上の事より同じ性風俗産業でも、風俗よりもAV業界の方が性病に対して対策が布かれている事がお判り頂けたかと思いますが

仕事の時だけ気を付けていても、プライベートで不特定多数の相手と性行為をしていては、折角の対策をしていても性病に掛からないという事はありません。

不特定多数の人と性行為(性器の挿入がないものも含む)をする職業と言えば、性風俗店で働くキャスト(風俗嬢)やアダルトビデオに出演するAV女優があります。

風俗店であれば、検査費用はお店負担で月に一回性病検査を受ける事を義務付けているお店もありますが、お店によっては2~3か月に一回という所もありますし、風俗嬢が自己防衛の為に実費で検査を受けている場合もあるようです。

そして風俗店の場合は、客の方に性病検査の義務はない為、上記の様に性病に感染していても自覚症状がないままお店に遊びにきてしまう可能性もあり

中には性病の自覚症状があるにも関わらず、それを隠してサービスを受けようとする客も実際にいたという事ですので

感染を水際で食い止めるにはプレイ前のキャスト自身が入念にチェックする必要があります。

例え、働いているお店が性病検査を毎月受けさせてくれていたとしても、風俗を利用するお客さんは複数の店舗を利用する事もある為、他の店舗の性病検査状況がずさんであれば意味がありません。

症状が出るまでに潜伏期間がある事も考えると、どれだけ気を付けていても完全に防ぐ事は難しいと言えるでしょう。

感染した客から風俗嬢へ、風俗嬢から他の客へ…というループで拡散スピードが大変早いのも特徴です。


一方、アダルトビデオの撮影現場では業界全体として性行為を行うAV女優は月に一回以上の性病検査が義務付けられており、所属している事務所が検査費用を負担してくれる事がほとんどです(事務所所属時の契約内容による)。

撮影が始まる前に必ず性病検査の結果を提示しなければならず、検査表という結果が表記された物を提示出来ない場合は、例え実際に検査結果に問題がなく、検査表を家に忘れてしまっただけだとしても撮影を行う事が出来ません。

ですから、撮影現場のスケジュールを調整するのと同じくらい検査に行く日程を調整するのも大事なお仕事の内です。

性行為をするのは女優だけではなく男優もですので勿論の事、検査を受けて性病に感染していない事を証明出来なければ撮影に参加をする事が出来ません。男優さんの場合は2週間以内の検査表が必要な場合があり、女優よりも厳重に対策がされているとも言えます。

ちなみに、AV男優はそのほとんどが事務所などに所属しておらずフリーで活動をしている為、検査費用等も全て実費です。
検査で性病と診断されては完治するまで仕事が出来ない為、プライベートでの性行為でも注意している人が多いです。

以上の事より同じ性風俗産業でも、風俗よりもAV業界の方が性病に対して対策が布かれている事がお判り頂けたかと思いますが

仕事の時だけ気を付けていても、プライベートで不特定多数の相手と性行為をしていては、折角の対策をしていても性病に掛からないという事はありません。

AV女優の募集について
ARMプロモーションでは、AV女優になりたい方を随時募集しております!
またAV女優のお仕事だけでなく、ヌード撮影モデルなどのアルバイトもございます。
ご興味がある方は、まずはご連絡ください。
ご連絡は下記リンクの「ご応募」「お問い合わせ」からどうぞ♪

ご応募はこちらから

ご不明な点などのご質問などもこちらから受け付けております。
また、お電話をご希望される方は03-5944-8317まで。