Home > お仕事コラム > AVをWEB配信で視聴する方法

AVお仕事コラム

AVをWEB配信で視聴する方法

DVDじゃなくて配信でAVが見れるの?
AVにも歴史があり、少し前まではDVDで視聴するのが主流でしたが
今はBDやストリーミングで見ている人も多いのではないでしょうか?

BDやストリーミングという言葉に馴染みのない人も多いかも知れません。
映画などでは浸透してきた感があるのですが、ことAV市場においては
BDはそこまで存在感を増している印象はありません。
ストリーミングもDVDに取って代わるものかというとそうではなく
DVDなどとの住み分けがあるという印象です。

AVの視聴環境は、昔からすると様変わりしました。
昔は再生メディアもVHS(ビデオテープ)でしたし
AVの撮影に使っていたカメラも今と比べればとうぜん良いものではありませんでしたから
今と昔を比べれば画質は天と地との差があるといっても過言ではありません。

DVDが登場すると、VHSと比べて鮮明であること、撮影機器の性能の向上も相まって
鮮明なAVがぐっと増えた印象です。

そこから更に時代が進むとBD(Blu-ray Disc)が登場し、更に高精細な映像を楽しめるようになっていくわけです。

綺麗になるというのも素晴らしいことなのですが、今回は物理メディアで販売されているAVではなく
ストリーミングやダウンロード販売で提供される、AVの配信サービスについて焦点を当てていきます。

配信作品を視聴するには大きく分けて2つの方法があります。
作品ごとに購入するか、定額制配信サービスに加入するかです。

作品ごとに購入する場合は、DVDを購入するのと同様に、欲しい作品を個別に購入するという形になります。
WEB配信でAVを観るメリットとデメリット
配信サービスで作品を視聴するにも、メリットとデメリットがあります。

メリットはなによりまず手軽に購入できるという点であり、複数の端末で視聴ができるという点です。
買うのはワンタッチ、購入した瞬間に視聴が可能になるのも魅力です。
DVDであれば、買うのもレンタルするのも、お店に直接行く必要があることを考えると、利便性は段違いといえます(通販の場合はそうとも限りません)。
そして、DVDと違い、様々なシチュエーションに対応することが可能なのも大きな魅力といえます。
自室の場合は大きなテレビで視聴して、別室で見ざるを得ない状況であれば
自分のスマートフォンで視聴する、ということが可能です。
また、ダウンロード配信であれば、自宅にいる間に作品をダウンロードしておいて
(こういった使い方をする人はあまりいないような気はしますが)外出先で視聴するということも可能になります。

便利な点を挙げてきましたが、もちろんデメリットもあります。
配信サービスにも視聴形式の違いがあります。ダウンロードとストリーミングです。
ダウンロード配信は、作品をすべてダウンロードし終えてから再生が可能になります。
つまり、せっかく買ったのに見るまでに時間がかかる、という本末転倒な事態が起こる可能性があります。
ストリーミング配信は、見ながら必要な分だけダウンロードを行うので、インターネットの回線速度によってはまともに視聴できない可能性が出てきます。
とはいえ、フレッツ光のような家庭用の回線であれば、ほぼ間違いなくスムーズに再生が可能です。
ここで問題になってくるのは、携帯電話の回線で視聴しようとした場合です。

携帯電話の回線も昔からすればスピードも出ますし安定性も増してはいるものの
高画質の映像を安定して視聴できるかといえば疑問ですし、
何より回線を使いすぎると速度制限がかかるようになっているのが現代の携帯電話回線です。
ストリーミング視聴をする際、誤って携帯電話の回線を使ってしまうと、大変なことになってしまいます。気をつけましょう。

そして、もうひとつ挙げるとすれば、権利関係の問題です。
これはどういうことかというと、権利の問題ですのでいろいろありますが、分かりやすく説明すれば
発売停止処分を受けたAVは購入していたとしても再生が不可能になる、ということです。
カジュアルに楽しむ場合は配信サービスでもいいのですが、困ることもあるわけです。

そして、定額配信の場合も同様です。
定額配信にラインナップされている作品というのは、いつまででも楽しめるというわけでなく
定期的にその内容は入れ替わるものなのです。
例えばお気に入りのAVを見つけたとしても、しばらくは定額配信で繰り返し見ることはできますが
配信期限が切れてしまった後は、別に購入する必要が出てきてしまいます。
配信停止になる前には告知が出ていたりするものなので、見逃さないように気をつけましょう。
まとめ
視聴方法の幅を広めるという意味では、配信サービスは非常に大きな意味をもつということがおわかりになったのではないでしょうか。

それだけではありません。配信サービスは、海外への展開を容易にする可能性をもっています。
配信サービスは、徐々に小さくなりつつあるAV市場に差し込む光・・・なのかも知れません。

ご応募はこちらから

ご不明な点などのご質問などもこちらから受け付けております。
また、お電話をご希望される方は03-5944-8317まで。