1. Home
  2. お仕事コラム
  3. 学園モノAVはなぜ魅力的なのか

AVお仕事コラム

学園モノAVはなぜ魅力的なのか

学園モノAVとは
AVにも様々な種類のものがあります。

学園モノAVは、ざっくり言えば登場人物が学生という設定のものです。
厳密には大学生も学生といえますが、多くの場合は制服を着ている高校生までを扱います。

ロケーションについても学校風の場所、教室や廊下、体育館やプールのような場所が用いられることが多いのです。

AVが登場してから衰えることのない人気をもつこの学園モノAVというジャンルですが
人はなぜ学園モノに惹かれるのでしょうか。
誰もが過ごした場所だから・・・
漫画やアニメ、ドラマもそうですが、学生生活を題材にしたものが多いのは
少年少女を狙っているということもありますが、今を生きる大人へ向けたものでもあります。
なぜそう言えるのかというと、大人はかつて若者であり、ほとんどは学生として生活していた時期があるからです。
これはAVに関しても当然同じことが言えます。

学校というものが、学生生活というものがどういうものかというのが肌感覚として分かっているからです。

時代は違っても、学校の姿は大きく変わらないはずです。
教室を見れば、授業を受けている空気を思い出し、
体育館やグラウンドを見れば体育の授業や部活動を思い出す。
学校以外でも同じです。昔経験したものに触れれば、昔を思い出すものです。
自分が見てきた触れてきたものと似た光景を見るわけですから、リアリティを感じられるのです。

学校のような場所だったらいいだろう、制服を着ていればいいだろう、というだけではなく
学校にありそうな小道具を揃えたり、学校にふさわしい行動・言動を徹底したり
同じ学園モノでもこういった部分において大きく差が出てきます。
いろいろあります、学園モノAV
同じ学園を舞台としていても、様々な学園モノAVが存在します。
ものすごく大まかに分けると「現実に起こりうるもの」と「非現実的なもの」です。
これははっきり言葉の通りです。
たとえば、現実の学園生活で、保険の授業と称してエッチをさせられるといったようなことはありえません。
学園モノのAVではそれがあります。他にもクールビズで涼しい格好をしているという体で
ほとんど裸のような格好で学校生活を送っていたり、そもそも裸のものもあったり
こうしたフィクション色の強い作品は、傾向として性に奔放な世界を描いていることが多いです。
「もしもこんな学校があったら・・・」という、妄想を具現化するのがこういった作品です。
他ジャンルとの合わせ技では学園で時間停止能力を使ったり催眠術をかけたりして
好き勝手イタズラをするとか、おしおきと称して緊縛プレイをするなど様々な趣向が凝らされています。

フィクション色の強くない普通の学園モノAVがどうなっているかというと、多くの場合は、舞台が学校風の場所であるとか
制服を着ているとか、学園モノといえる最低限の条件を満たし、行為自体は普通のAVとそう変わらないといったものになります。
こちらは「もしもあのAV女優が自分と同じ学校に通っていたら・・・」「学校で美少女とエッチがしたい・・・」というような欲求を満たし得るものです。

いずれにせよ、学校には様々な規律があり、性とは少し離れた場所というイメージがありますから
もしも○○だったら・・・という妄想をしやすい場所である、ということです。
まとめ
いかがでしたでしょうか。
このように、学園モノAVには様々な魅力があります。

たくさんの学園モノが出て来る背景には、それ自体が優れたものであるという点もありますが
撮影するまでのハードルも低いという点があります(学校風のスタジオを簡単に借りることができる)。

また、変わらず学校が存在する限りは需要が尽きることはありません。
キラキラした学園生活に対する憧れの記憶がある限りは・・・

ARMプロモーションでは女優さんを絶賛募集中です。
AVプロダクションとして長年の経験がある当社は
広い人脈を活かし、様々な仕事に関してのご相談を承っています。

ご興味のある方は電話やメール、LINEなどで
いつでもお気軽にご連絡ください。
まずはご相談だけでも大歓迎です!

ご応募はこちらから

ご不明な点などのご質問などもこちらから受け付けております。
また、お電話をご希望される方は03-6276-7450まで。