1. Home
  2. お仕事コラム
  3. メイドものAV

AVお仕事コラム

メイドものAV

そもそもメイドとは?
メイド喫茶をご存知でしょうか?
結構な頻度でメディアが取り上げていますから
おそらく多くの人は知っていることかと思います。

メイドと呼ばれる人達が、メイドがする格好をして、メイドとして接客サービスを行う。
現代においてその光景はもはや日常であり、疑問を挟むこともないでしょう。
しかし、そもそもメイドとは何だろう? と、考えた事はあるでしょうか。
メイドはいつから登場したのか。厳密にはどういった存在なのか。
実はきちんと歴史がある職業なのです。

メイドには大きく分けて2つあります。現代的なメイドと、そうでないメイドです。
少し乱暴な分け方かもしれませんが、そう言えるほどに現代、メイドと呼ばれているものは
かつてと比べ変化しているのです。

今でいうメイドというのは、メイド喫茶というものが表すように
ちょっと可愛いお店の制服を着て、軽くパフォーマンスを行う存在です。
メイド的な仕草というのも、あくまでお店のサービスとして行うものでしかありません。

では昔のメイドがどうだったかといえば、根本的に違うのです。
そもそもメイドという言葉が浸透したのは19世紀と呼ばれています。
メイドやそれに準ずる職業、使用人の仕事は、おおむね家事代行といってよいでしょう。

19世紀のメイドはしっかりとひとつの職業として認められていましたが、さらに遡ればそうではない時期もあったのです。
古代ローマにおいては家事を行うのは奴隷の仕事でした。家事代行は仕事として認められていなかったのです。

現代のメイドは家事代行をしていたかつてのものとは全くの別物になっています。
雇われている立場により、雇い主に尽くすといった上下関係に縛られていたのが昔ですが
今ではそういった暗い面は排除され、メイドというものはご主人様に尽くすだけの存在となりました。
それこそメイド服に関しても、その意味合いは考慮されずに
かわいい制服以上の意味を持たない場合がほとんどです。

現代的なメイドが登場したのは、90年代のアダルトゲームが最初といわれています。
それからメイド喫茶が登場し、テレビで紹介されるなどするうちに徐々に浸透していったのです。

男性にとってはフィクションにおける都合のいい存在であり
女性にとってはある種ファッションのようなものといえるのかもしれません。
男性の理想としてのメイド
現代において、メイドとは男性にとっては都合のいい存在であるといいましたが
何があってもご主人様に対して尽くしてくれる、という関係性は
多くの男性にとって憧れるものでしょう。
漫画やゲームにおいても「メイド」のようなキャラクターが多く登場することがその証明です。

そして、当然のごとく、メイドもののAVというものもあります。
その内容はとても分かりやすく、メイドがご主人様に対して性的なご奉仕を行うというもの。

従順な女の子たちが相手だから、絶対的に男性上位の関係であり、気を遣う必要がない。
奉仕する、奉仕される関係自体、お互いが望んでいるものなので気持ちよくなればオールオッケーである。

面倒な前置きも存在しない。都合のいい存在としてのメイドとのエッチ。
メイドもののAVは、AVの中でも特にシンプルであるといえます。

メイドものでないAVも、より使えるものを男性は求めるものです。
使うため、脳内に存在する理想に近いものを求める・・・
そうすると、メイドさんの存在が浮かんでくるということです。

余談ですが、メイドもののAVには「現代的なメイド」を扱ったものだけでなく
本来的なメイドを扱ったものも存在しますが、それはまた別の話です。
女性にとってのメイド
一方で、女性にとっての「メイド」というのはある種ファッションのようなものであり
可愛らしい服を着ることによって、人々に可愛いと言ってもらえます。
メイド喫茶であれば、なにより男性客はメイドさんを求めてやってくるのです。
注目を浴びるためにメイドになる、という女性も多くいるといいます。
これはメイドもののAVに関しても同様です。
まとめ
いかがでしたでしょうか。

今では当たり前となったメイドという存在ですが、そこにも長い歴史があり、AVも出ています。

ARMプロモーションでは女優さんを絶賛募集中です。
AVプロダクションとして長年の経験がある当社は
広い人脈を活かし、様々な仕事に関してのご相談を承っています。

ご興味のある方は電話やメール、LINEなどで
いつでもお気軽にご連絡ください。
まずはご相談だけでも大歓迎です!

ご応募はこちらから

ご不明な点などのご質問などもこちらから受け付けております。
また、お電話をご希望される方は03-5944-8317まで。