1. Home
  2. お仕事コラム
  3. 目隠しものAVの魅力

AVお仕事コラム

目隠しモノAVの魅力

目隠しモノAVって?
目隠しモノAVというのは、目隠しプレイを行っているAVのことです。

目隠しはSMプレイの一種でもありますが、SM色の強くないAVでも行われている場合が多いです。

手錠をするとか、身動きの取れない格好をさせるというところまでいけばSMプレイと言い切れるでしょうが
目隠しだけであれば案外そう見えない場合もあるということです。

ふつうSMと聞いてイメージされるようなものをハードSMといい
このような軽いものをライトSMといいます。

どこまでがライトSMに含まれるかというと、目隠しもそうですが
相手の身体の自由を奪うように押さえつけるというだけでもソフトSMなのです。

そもそもSMとは、Sadism & Masochism(サディズム & マゾヒズム)のことで
サディズムというのは鞭を振るうとか、攻撃的な行動により見せる
相手の怯えるなどの反応に対し興奮を覚える性的嗜好のことをいいます。
マゾヒズムというのはこの場合の攻撃される側にあたり
責められることで興奮を覚える性的嗜好をいいます。

BDSMという考え方もあります。その意味はいまいち定まらない部分もあるのですが
簡単に言ってしまうと、SMが身体に及ぶものであればBDSMは精神に及ぶものです。

どういうことかというと、上下関係による支配・隷属であるとか、拘束されることによる恐怖や不安など
精神的に追い詰める/追い詰められることで生じる性的興奮に主眼を置くものです。
BDSMのBDの部分がこれにあたり、SMの部分が先ほどの身体への攻撃による興奮です。

話が逸れてしまいましたが、目隠しプレイというのはどちらかというと
精神的な作用が大きいものとわかります。
目を塞がれることは、相手に自由を許してしまうことであり
何をされるか分からないといった恐怖を生み出すものです。

現実に目を塞がれたら怖いですよね。
ですが、もちろんAVでしたら合意の上で行われているものであって
何が起こるかというのもすべて分かっています。

ただ、観ている側にとっては、目隠しをされているという状況に興奮を覚えるわけです。

鞭に打たれるとか手で叩かれることをされれば、痛々しさを感じずにはいられません。
目隠しであれば痛々しさを感じることはないのです。

SMといえばアダルトである、とイメージする人が多いと思います。
その考え方も概ね間違っていないのですが、しかし一歩引いて考えてみます。
BDSM的なものであればどうでしょうか?
例えば、恋愛モノの映画や漫画などで行われる壁ドンなどといった行為もそうした性質があるのではないでしょうか?

壁ドンとは女性が壁を背にした状態で男性が詰め寄るように壁に手(あるいは肘)をドン、と押し付けることからその名前がついたものです。
この行為の意味するところは話によって様々ですが、ひとつ間違いなくいえることがあり
それは女性の逃げ道を塞ぐ行為であるということです。

壁ドンは昔から存在はしていましたが、多く見られるようになったのは最近のことです。
壁ドン的なシーンの流行は、昔であればもっと直接的に手首を掴むなどしていたのです。
似たような流行が存在しているということはBDSM的な欲求があるということが
いえるのではないでしょうか。

ということは、多くの人にはBDSMの素養があるということです。
目隠しモノAVが多くの人の欲求を満たしうるということがわかります。
目隠しモノAVの魅力
目隠しモノAVは見ても魅力的ですが、出る側にとっても魅力的な部分がいくつもあります。

まず目隠しをしているから身バレし辛いということ。
これはそのまま、目元を隠すことには誰であるかを識別しにくくするという効果があります。
そして目隠しをしているから、容姿が問われにくいということ。
目元が隠れることにより、容姿に自身がない人でも魅力的に見えるようになる場合があります。
例えば声がかわいいとか、目元以外はかわいいとか、ということです。
まとめ
いかがでしたでしょうか。

ARMプロモーションでは女優さんを絶賛募集中です。
AVプロダクションとして長年の経験がある当社は
広い人脈を活かし、様々な仕事に関してのご相談を承っています。

ご興味のある方は電話やメール、LINEなどで
いつでもお気軽にご連絡ください。
まずはご相談だけでも大歓迎です!

ご応募はこちらから

ご不明な点などのご質問などもこちらから受け付けております。
また、お電話をご希望される方は03-5944-8317まで。