1. Home
  2. お仕事コラム
  3. AV女優になるということ

AVお仕事コラム

AV女優になるということ

AV女優の注目度とは?
年間を通して作られるAVがどれだけあるか知っていますか?
その数およそ3万本以上と言われ、1年が365日ということを考えると、凄まじい数が市場に出ていることがわかるかと思います。

その中で売れているAVでは、20万本以上のセールスを記録することもあるのです。
音楽CDが(一部のアイドルを除き)売れなくなり、よくて10万枚という世の中で、です。

AVは買うには恥ずかしいものですから、ダウンロード販売やレンタルビデオ店を利用する人が多いという事情を考慮すれば
アダルト市場の規模の大きさが想像できるはずです。

これだけ売れ、レンタルされるということは、多くの人の目に留まるということがいえます。

つまり、人気AV女優は人気芸能人と同じような存在であるということです。

芸能人と呼ばれる人達が活動している場所はどこでしょうか、ということを考えた時に
多くの人はテレビを想像するのではないかと思います。
最も広くに発信できるメディアがテレビであるというイメージがあるからです。
しかし、それも時代とともに変わっていきます。

技術の進歩や携帯電話の普及などによって、テレビとは違う場所、
インターネットの注目度が高まったのです。

SMAPから3人のメンバーが脱退したことは記憶に新しいことでしょう。
その後、彼らが何をしているのかご存知でしょうか?

彼らはSMAPを脱退、所属していた事務所を退所した後、新しい事務所に移籍し
新たにファンクラブを設立しました。
そして、今後はインターネット上での活動に注力することを発表したのです。

芸能人とは、どのような人のことを指すのでしょうか?
活動の場はテレビだけでないことがわかるはずです。

テレビがあり、ネットがあり、雑誌や映画といったものもある。
そしてAVもある、ということです。
有名になったAV女優たちは・・・
AV女優で知名度を上げ、活動の幅を広げた人は多くいます。
特に有名なのは故・飯島愛さんや及川奈央さん、最近だとRioさんなどでしょうか。
このレベルだと、テレビに出たり、映画に出たりといったレベルの待遇になります。

もちろんそれ以外でも、もちろんテレビに出ずとも活躍している人がいるわけです。
本の執筆などの活動をされている方というのも調べると多く出てきますし
アダルトライターとして活躍されている方もいらっしゃいます。

AVであるということは、女優は出演することで裸の自分をさらけ出すことになります。
そのことについての抵抗は、誰しも想像し考えるでしょう。

どういったキャリアパスをつくるかという観点からみれば
AV女優になり知名度を上げるということが強みになりうるということが分かると思います。

どういうことかというのは先ほど述べた通りで
多くの人の目に留まることがあれば知名度があがるという単純なことです。

有名人にならずとも、AV女優の仕事というのは気を遣う部分も多いので
そこで培われたスキルというのは他の仕事でも活きてくるはずです。

しかし、元AV女優という経歴はリスクも生みます。
アナウンサーや教師であるなど、世間体を気にしなければならない職業の場合は
その経歴だけで仕事を続けることが困難になってしまうのです。

これは前例もあり、悲しいことではありますが
元AV女優であるという事実が明るみになってしまえば
顔を見るだけでそういった姿が脳裏に浮かんでしまう。

学校の先生に対してそういった感情を持つことは、健康的であるといえばそうですが
世間的にどうかと問われると・・・ですよね。仕方がないことではあります。
まとめ
いかがでしたでしょうか。

AV女優になることは、多額の収入を得るというだけでなく
その後の人生にも影響するということなのです。

しかし、これはAV女優に限った話ではありません。

どんな職業に就こうが、何をしようが、あるいは何もしないということもあるでしょう。
すべての経験は無駄にはなりません。すべてはあなたのためになることでしょう。
ですがそれは世間から見るとそうではない、ということです。

人の経歴がどのように評価されるかというのは、評価する側の人によっても180度変わりうるものです。

自分の選択がどのような意味をもつのか、いちど立ち止まって考えてみるのもいいかもしれません。
そして、ARMプロモーションでは女優さんを絶賛募集中です。
AVプロダクションとして長年の経験がある当社は
広い人脈を活かし、AVに限らない、様々な仕事に関してのご相談を承っています。

あなたの要望にあわせた広告戦略も練らせていただきます。

ご興味のある方は電話やメール、LINEなどで
いつでもお気軽に、まずはご連絡ください。

ご応募はこちらから

ご不明な点などのご質問などもこちらから受け付けております。
また、お電話をご希望される方は03-5944-8317まで。