1. Home
  2. お仕事コラム
  3. 女性向けのAVがいま人気!

AVお仕事コラム

女性向けのAVがいま人気!

AVは男性だけのものじゃない
女性向けのAVって知ってますか? その名の通り女性向けに作られたAVです。
少年漫画があり、少女漫画がある。これと同じことです。
男性向けのAVがあれば、女性向けのAVもあるのです。
その存在が目立っていたという印象はあまりありませんよね。
女性向けのAVがはじめて世に出たのはなんと1988年だといいます。しかし、あまり売れませんでした。
男性向けのAVに比べ、女性向けのAVは夜に出てくる本数が圧倒的に少ないものですから
出ては消えの歴史が繰り返されていたのです。

転機となったのは2009年、an・an付録のDVDに女性向けAVが収録された事です。
多くの人の目に触れる事で大いに反響があり、そこから単独で女性向けのAVを発売し始めたのです。
制作したのは2008年設立の「SILK LABO」。
女性目線を徹底し、男性向けのAVとはまったく異なる作り方をし、それが多くの女性に受け入れられているのです。
他にもいくつかメーカーがありましたが、今も人気を保ち続けているのはここだけと言っても過言ではない状況です。

男性向けのAVは、はっきり言ってしまえば性欲を満たすためのものでしょう。
性欲を満たす過程で様々な趣向が凝らされていたりはしますが、目的は同じです。
たいして女性向けのAVというのは、性欲を満たすというのも目的のうちですが
学校では教えてくれない性の悩みや、相手を気持ちよくさせるための技術を学ぶために作ろうという、当初はそういった方向性でした。
現在では少女漫画的な、あるいは俗にいう乙女ゲームのようにシチュエーションを重視したAVを制作するのが中心になっています。

また、男性向けのAVは本番行為をメインに据えたものが大半ですが、女性向けはこうではありません。
女性向けのAVは、ドラマの延長としてエッチをする、という作りの作品が多いのです。
それはつまりどういうことかというと、一般的に少女漫画やドラマでは本番行為は描かれませんが
その延長としてのエッチを見たいというような欲求に答えるものなのです。
つまり、ドラマ性が非常に高いのが女性向けのAVなのです。
AVメーカーなのにファンクラブがある!?
AVメーカー「SILK LABO」は、AVに出演する男優を「エロメン」と呼び
エロメン達はまるでタレントのような活動をしていました。
現在はなくなってしまいました(2017年8月31日に終了)が、なんとSILK LABOにはファンクラブが存在していたのです。
AV男優なのにファンクラブ・・・と思われるかも知れませんが
AV出演以外にもトークショーを開いたり、アイドルのように握手会を開いたり
そもそもAV自体も恋愛ドラマ顔負けの内容になっていることが大いに魅力的であり
それによって心を掴まれた女性は数知れず。
男性向けAVでは企画モノといって、女優が名前を明かさずに出演するAVも数多くありますが
女優の人気にあやかった商売というのはあまり多くないイメージです。
それとは反対に、出演男優の人気によって売り出すことが多いのが女性向けAVのひとつの特徴といえるのかもしれません。
エッチなのはセックスだけじゃない
SILK LABOのプロデューサーが過去にインタビューにおいてこう語っています。
http://sniper.jp/300special_issue/3009adultmedia_for_woman/avsilk_labo.html
>ずっとドラマ作品を作ってるんですが、お客さんの反応を見てると、キスが始まってからがセックスじゃないんですよ。
>ドラマ部分が前戯になってる。セックスに至るまでの過程が前戯なんです。
>女の人が胸キュンする=濡れに通じる、ということなんだなと感じたのは大きかったですね。
>ただしっかりしたドラマならいいっていうもんじゃなくて、そういう萌えポイントをどれだけ入れられるかが重要だと思ってます。

気持ちが高まるのは性感によるものだけではなく、その場のムードを作り上げることによるものが大きいというわけです。

少女漫画を読んだことのある人ならイメージしやすいと思いますが、
乱暴に言ってしまえば女性はロマンチックなものを好み、
男性は直接的に気持ちよくなりたい、オナニーの手段として物を見る。
そういった差がAVの内容にも如実に表れているというわけです。
まとめ
いかがでしたでしょうか。
AVも見渡してみれば、様々な種類が存在しています。
AVといえば一口にこういう感じだ、というようなイメージを持っている人もいるかとは思いますが
女性向けのAVというものが存在し受け入れられているように
世の中にはいろいろなものがあるというわけです。
乙女コンテンツの市場は年々成長している現状がありますから、
乙女向けのAVも今後成長が見込めるものといえるでしょう。

ご応募はこちらから

ご不明な点などのご質問などもこちらから受け付けております。
また、お電話をご希望される方は03-5944-8317まで。